ドッグフードを選ぶ基準として大切なことは

ドッグフードに湯通しささみを加えて

ドッグフード+αのメニューを与えること

最近、犬の手作り食をする飼い主さんが増えてきました。ただ、手作りごはんは素材そのものの栄養バランスの計算が必要なので、ちょっと難しいですよね。そんな時、簡単だけど愛犬が喜ぶ手作り食が、トッピングごはんです。トッピングごはんは、ドッグフード+αで何か食材をトッピングしてあげることをいいます。もちろん、ドッグフードがメインなので犬が1日に必要とする栄養素は十分に摂取が出来るので安心です。また、トッピングすることにより、フードの食べムラがなくなる・免疫力の向上・体重管理が出来るなど、犬の健康にとって良いことがたくさんあるのです。

トッピングのポイントとは

それでは、実際にドッグフードにトッピングしてみましょう。ここで大事なのが、トッピングの割合です。目安としては、ドッグフード+トッピングのカロリーが、いつも与えているフードと同じ位のカロリーになることです。カロリーのほとんどない野菜に比べ、肉類はカロリーが高くなりがちです。そのため、80%がフードで、残りの20%がトッピングと考えた方が良いでしょう。

トッピングにオススメ!湯通しささみをプラスしよう

トッピング初心者さんでもオススメで、愛犬も喜ぶ食材がささみです。ささみは、高たんぱく低脂肪なので、お肉の中でもヘルシーなのです。また、たんぱく質は、筋肉や臓器など体の大切な部分を作る主成分なので、積極的に摂取した方が良い栄養素でもあります。

ささみをトッピングする際は、しっかりとお湯で湯通しをしてから与えるようにしましょう。特に味をつける必要はありません。湯通ししてから、適量に小さくカットしフードにトッピングしてみて下さい。いつもの違う匂いに、愛犬も喜んで食べるはずです。また、この時に気をつけるのが、できるだけドッグフードを湯通しささみを混ぜてあげることです。ドッグフードの上にささみを置くと、見た目はオシャレですが、中にはささみだけ食べてフードを残してしまう犬もいるので、ドッグフード全体にささみの匂いがつくように混ぜてから与えましょう。

愛犬がいつまでも健康で長生きできるように、食生活の面でもサポートしていきましょう。

page top