ドッグフードを選ぶ基準として大切なことは

ドッグフードにヨーグルトをプラス

犬の腸は第二の脳!

犬の腸は、第二の脳と呼ばれるくらい重要な組織です。人間同様、犬もストレスを受けることにより腸内環境が悪化し悪玉菌の増加から免疫力が低下します。免疫力が低下すると、下痢になるだけでなく病気を発症するリスクも高まるため、健康で長生きするために腸内環境http://www.satomi-hakkenden.jp/abdomen.htmlを整えるということはとても重要なことなのです。

健康維持に効果的なヨーグルト

犬の腸内環境を整えるのに役立つ食材が、ご存知ヨーグルトです。ヨーグルトには、以下に挙げる効果があるため、犬の健康維持にとても役立ってくれます。

  • 腸内環境を整える
    ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれており、腸内で善玉菌を増やしてくれる働きをします。善玉菌が増えると、腸内環境が整うだけでなくウイルス感染に対しても強い抵抗力を発揮してくれるので、病気になりにくい体を作ってくれます。
  • 消化不良を抑える
    発酵食品であるヨーグルトには、様々な酵素が含まれています。酵素には、消化を助けてくれる効果があるため、消化不良を抑え腸内環境も整えてくれます。
  • 口臭予防になる
    実は、ヨーグルトには歯周病予防にも効果的といわれているそうです。ヨーグルトと食べることにより、口腔内が殺菌されて歯磨きをしたのと同じような効果が得られるそうです。

低脂肪or無脂肪ヨーグルトを与えよう!

ヨーグルトには様々な種類がありますが、砂糖や果物が入っているタイプではなく低脂肪や無脂肪タイプのヨーグルトを与えましょう。また、胃散が薄まる食後にヨーグルトを与えると、菌が生きたまま腸内にたどり着くことが出来るため、出来れば食後もしくはドッグフードにヨーグルトをトッピングして与える方が効果的です。与える量としては、1日ティースプーン1杯位が望ましいです。それ以上与えてしまうと、逆にお腹の調子を崩し下痢になる可能性もありますので、与え過ぎには注意して下さい。

大切な愛犬には、いつまでも健康で長生きしてもらいたいものです。ドッグフードにヨーグルトをトッピングして、愛犬の健康を維持してあげましょう。

page top