ドッグフードを選ぶ基準として大切なことは

1回の食事に適切な量は?

BCS(ボディ・コンディション)を知ろう!

BCS(ボディ・コンディション・スコア)は、犬の栄養状態の判定に使用されるもので、動物の肋骨や腰、腹部の皮下脂肪のつき具合を、視診と触診によって評価します。理想は、少しの皮下脂肪があり、肋骨や骨格の隆起に触れることができるくらいで、適度なくびれがある状態です。この状態がBCS3で、全5レベルまであります。つまり、骨格が安易に触れしまう場合は体重不足、骨格が触れることができない場合は肥満傾向にあるということです。

適切な量の計算しよう

ドッグフードのパッケージには、体重に合った摂取量が記載されていますが、あくまで目安になるため、記載量を与えていても太ってしまう犬も入れば、体重がなかなか増えない犬もいます。そんな時は、愛犬にあったカロリー計算をしてみましょう。

  • 安静時エネルギー要求量(RER)
    安静時エネルギーとは、犬は常温環境で安静にしている時のエネルギー量のことを言います。
  • 1日あたりエネルギー要求量(DER)
    ライフステージや活動状態、環境に応じた1日あたりのエネルギー消費量のことを言います。

計算式

RER=BW×30+70
DER=係数×RER (係数…理想体重1.2~1.4 肥満1.0~1.2)
DER÷ME(ドッグフード100gあたりのエネルギー量)×100=適正な食事量

以上の計算式で、愛犬の適正な食事量を知ることができます。

適切な食事量を与えよう!

適正な食事量を与えるということは、愛犬の健康維持を維持する上でとても大切な事です。適正な食事量以下を与えていれば、皮膚や被毛に栄養を行き渡らなくなり、皮膚病や被毛の発育に影響を及ぼします。また、適正な食事量をオーバーしてしまうと、肥満傾向になり愛犬の健康に悪影響を及ぼすリスクも高まります。適正な食事量を計算し、愛犬の健康維持をしていくのが飼い主さんの努めということを忘れないで下さいね。

page top