ドッグフードを選ぶ基準として大切なことは

減量が必要な時のドッグフード

愛犬は理想的な体重ですか?

犬の理想的な体重は、少しの皮下脂肪を通して肋骨や骨格の隆起に触れることでき、適度なくびれがある状態と言われています。つまり、この状態より安易に骨格に触れる場合は体重不足、逆に骨格に触れることができない場合は肥満傾向にあるということです。

それでは、愛犬のボディ・コンディションチェックしてみましょう。もし、愛犬が肥満傾向にある場合は、健康維持のために減量する必要があります。

肥満がもたらす悪影響とは

肥満になると、膵炎になるリスクが高まります。膵炎は、食欲低下・元気がなくなる・下痢・嘔吐・脱水などの症状を引き起こし、完治には入院治療が必要となります。その他、心臓や呼吸器に負担が生じるだけでなく、重たい体を支えるために関節に負担がかかりやすくなり、関節炎や椎間板ヘルニアhttp://www.ayn-rand.com/ayn-rand-we-the-living.aspの発症リスクも高まります。

それだけではありません。肥満傾向になると、暑さに対する抵抗力の低下や体温調節がうまくコントロール出来なくなり、皮膚疾患や免疫機能の低下などの危険性も高まります。

減量用ドッグフードを与えよう

愛犬に減量が必要になったら、減量用のドッグフードを与えるようにしましょう。減量用のドッグフードは、減量を目的として作られたフードなので、食事量を制限した場合でも必要な栄養素は十分に摂取することができます。また、満腹感を持続するために食物繊維も豊富に含まれているフードが多いのが特徴です。そのため、犬もストレスを抱えることなく減量することが可能です。

減量用フードを与える時、必要なことは摂取量です。パッケージに記載されている現在の体重量でフードを与えてしまいがちですが、ここで必要なことは、目標体重に合わせた量をを与えることです。そうすることで、減量用フードの効果が発揮されます。

減量用フードで愛犬の健康を維持しよう

1番大切なことは、愛犬が肥満にならないように食事でコントロールしていくことです。1度体重が増えてしまうと、減量するということはそう簡単ではありません。食事量を守り、散歩はもちろん適度に運動をさせ愛犬の健康を維持してきましょう。

page top