ドッグフードを選ぶ基準として大切なことは

糖尿病の犬に与えるドッグフードは?

犬の糖尿病について

糖尿病は、人間だけでなく犬でも発症する病気です。しかし、人間と犬では糖尿病のタイプが違います。

  • 1型(インスリン依存型)絶対的なインスリンの不足によりインスリン投薬が必要です。
  • 2型(インスリン非依存型)肝臓や筋肉などの細胞のインスリンに対する反応が鈍くなるとにより、インスリンが効きにくくなります。そのため、糖がうまく取り入れることができなくなります。

犬の糖尿病は1型、人間は2型に近いと言われており、犬はオスよりメスの方が多く発症すると言われています。糖尿病の主な症状としては、以下の通りです。

  • 多飲多尿
  • 白内障
  • 体重減少
  • 元気がない
  • 食欲増加or食欲低下
  • 嘔吐や下痢
  • 歩き方が特徴的

愛犬が上記の項目に当てはまる場合は、出来るだけ早く病院を受診した方が良いでしょう。

糖尿病の治療法

糖尿病は、一度発症すると完治することはありません。そのため、病気とうまく付き合って行く必要があります。

糖尿病の治療法としては、インスリンの投与と食事療法があります。この2つの治療法でうまくコントロールし、糖尿病の悪化を防ぐことが大切です。特に、食事療法は非常に大切なので、必ず糖尿病の犬専用のドッグフードを与えるようにしましょう。

糖尿病の犬用ドッグフードを紹介

ここでは、糖尿病の犬に与えるドッグフードを紹介していきます。もちろん、獣医師と相談することが必要なので、気になるドッグフードがあったら、担当の獣医師に相談してみましょう。

  • A社 糖コントロール
    糖尿病の犬や軽度の肥満傾向にある犬のために作られたドッグフードです。急激な血糖値上昇を考 慮するために、炭水化物や食物繊維の量を調整しているのが特徴です。
  • B社 w/d小粒
    糖尿病の管理や満腹感、腸の健康を考え高食物繊維に調整されています。また、体重管理も目的とし低脂肪・低カロリーが特徴です。
  • C社 CRW-1
    えん麦を使用した低GI処方により、食後の急上昇する血糖値に配慮されています。また、オメガ-3脂肪酸を配合しているため、インシュリンの感受性にも配慮されているのが特徴です。

食事療法で糖尿病をコントロールしよう

通常、血糖値は食後に上昇します。これは、ドッグフードに含まれる炭水化物が原因なのですが、糖尿病の犬専用ドッグフードには、急激に血糖値が上がらないようにするために工夫されています。また、ドッグフードは毎日犬が食べるものなので、良い影響も悪い影響もすぐに受けてしまいます。愛犬が糖尿病になったら、インスリン療法と食事療法でうまくコントロールし、病気の悪化を防いでいきましょう。

page top