ドッグフードを選ぶ基準として大切なことは

ドッグフードとキャットフードの違い

ドッグフードとキャトフードの違いとは

ドッグフードとキャットフード、見た目は同じように見えますが、その成分は異なっています。例えば、ドッグフードはチキンやラムなどの肉類がメインなのに対し、キャットフードは魚をメインにしたものが多いです。また、猫は重要な栄養素である「タウリン」を体内で生成することができません。そのため、キャットフードにはタウリンが多く含有されているのです。その他、「ナイアシン」「ビタミンA」なども多く含まれています。つまり、肉食動物の猫は、雑食動物の犬に対し栄養素の生成や合成が苦手な動物と言えます。

また、キャットフードはドッグフードより高たんぱく・高脂肪・高塩分のため嗜好性や栄養素が高いのが特徴です。

犬にキャットフードを与えると?

1度や2度、キャットフードを与えただけでは病気は発症しませんが、犬にとって高たんぱく・高脂肪・高塩分のフードは、内臓機能に支障をきたす可能性があり、腎臓増病を発症しやすくなります。また、ドッグフードと同じ量を与えていても肥満になるリスクが高まるので、注意が必要です。

猫にドッグフードを与えると?

猫は、犬と違い栄養を之生成や合成が苦手な動物です。とくに、タウリンは体内で生成することができないため、キャットフードで摂取する必要があるのですが、ドッグフードにはタウリンが含まれていません。タウリンが不足すると、目の病気を発症するリスクが高まります。猫にドッグフードを与えると場合によっては失明の恐れもあります。もちろん、1度や2度間違えただけでは発症しませんが、栄養不足から栄養失調になる恐れもあるので、こちらも注意が必要です。

犬猫専用のドッグフードを与えよう

やはり、犬にはドッグフード、猫にはキャットフードを与えるようにしましょう。なぜなら、ドッグフードもキャトフードも犬猫の特徴やからだのつくりに合わせて作られているからです。色や形、匂いは似ている両フードですが、その原材料は大きく異なります。大切な家族である犬猫に、健康で長生きしてもらうためにも、それぞれのドッグフードを与えるようにしましょう。

page top